政策

政策について

リーフレットはこちらからご覧頂けます。

こども・子育て・教育・スポーツ

子どもが健やかに育ち、保護者にとっては子育て満足度が高いまちを実現します。

  • 幼児教育(幼稚園・保育園等)無償化を推進します。
  • 保育士の給与、待遇、働き方について総合的な支援を行い、保育士の量と質を確保します。
  • 民間の保育施設の誘致や小規模保育所の整備に積極的に取り組み、待機児童ゼロを目指します。
  • 浦安版ネウボラについて、住民の声を踏まえ、さらに発展させます。
  • いじめを絶対にゆるさない社会をつくるため、あらゆる手段を講じます。
  • 近年増加傾向にある不登校傾向にある児童のサポートを充実させます。
  • 児童虐待防止の取り組みを強化します。
  • 子供の貧困に関する調査を行い、子供の貧困対策を行います。
  • 生活困窮世帯等、家庭に課題がある子供の学習支援を推進します。
  • 生活が困窮する保護者について教員から市役所へと支援をつなげます。家計相談、納税延滞相談、自立支援等を行い、子どもを守るためにも保護者を支援する仕組みを構築します。
  • インクルーシブ教育システム構築に向け特別支援教育を推進します。
  • 英語について苦手意識も持たせない取り組みを行うなど、高校、大学へとつながる英語教育を行います。
  • 日本の歴史や伝統文化の良さを学び、その過程で郷土を愛する心を育むとともに、生命の大切さ、他人を思いやる心を身に付けられるよう教育を行います
  • 国の動向や先進自治体の効果的な事例を見極め、意義のあるプログラミング教育を行い子供の論理的能力を涵養いたします。
  • 将来の生活習慣病にならないため、保護者とも連携しながら、児童に対する正しい食育指導を行います。
  • 2020オリンピック・パラリンピック開催をゴールととらえず、その10年後、20年後の豊かなスポーツ環境づくりへの「スタート」と位置づけ継続的にスポーツ施策を推進します。

健康・福祉

全世代が身も心も健康に過ごせるまちを実現します。

  • 健康長寿社会の実現に向けて、在宅サービス、施設サービス、地域密着型サービス、地域包括センターなどの介護支援の強化を図り、浦安版地域包括ケアを推進します。
  • 全世代・全対象型地域包括ケアシステム構築について実現可能性について調査研究を促します。
  • 介護職員の人材確保と専門性の向上のため総合的な支援を行います。
  • 介護にかかる当事者がどのように生きたいのかを尊重し、適切なサービスを受けるため支援していく体制を整備していきます。
  • 高齢者のスポーツ参加やウォーキングを促す施策を行い、健康長寿づくりを支援します。
  • 認知症サポーターの養成を推進します。認知症介護者が交流・相談できる場を拡充します。
    そして何より認知症になった人が自分らしく生きていけるよう支援を行います。
  • 認知症リスクを知り予防してもらうため※APOE遺伝子検査に関わる情報提供や支援を行います。※各人のAPOE遺伝子型を調べ、アルツハイマー病発症リスクを知り予防に繋げる検査。
  • 健康政策について「啓蒙」や「啓発」だけなく、ナッジ(人々が強制によってではなく自発的に望ましい行動を選択するよう促す仕掛けや手法)を用い、知らず知らずのうちに健康になる環境を作り出します。
  • 健康長寿を実現すべく、生きがいや、やりがいを持ち、働ける場や社会参加できる場を作ります。
  • 地域資源である市内病院と予防・リハビリ・終末期医療について連携を強化します。
  • 国の制度改正等動向を見極めながら国民健康保険の悪用については断固とした対策を行います。
  • 成年後見制度について、普及啓発に務めるとともに、真に必要な人が利用できるよう対策します。
  • 骨髄及び末梢血幹細胞を提供されたドナーのための助成制度創設を図ります。
  • 市内のダブルケア(介護・育児の同時に起こる状況)の現状を調査し、必要な支援策を推進します。
  • 人生100年時代のライフスタイルについて、市民と共に考える機会を創出します。
  • 市内の空き家の調査を行い、浦安市の介護・福祉施設の課題である場の確保について転用ができないか調査検討します。

安全・安心対策

震災や風水害に対する防災・減災施策を推進、警察と協力して防犯対策についても強化します。

  • 発生が危惧される大規模地震について防災・減災対策を講じます。
  • 災害弱者(体力の衰えた高齢者、妊婦、幼児、障がい者等)の安全確保の充実を図ります。
  • 水害対策として、避難経路と避難場所について論点整理し、対策を講じます。
  • 市内全域の近年の集中豪雨対策について、雨水排水施設の整備を推進し機能強化を行います。
  • 河川や海岸護岸の整備促進を千葉県と連携しながら行います。
  • 高潮対策として境川河口への水門、排水機場整備を千葉県に対し早期整備を強く促します。
  • JR舞浜駅・新浦安駅のホームに、ホームドアが設置されるよう、引き続き強く働きかけます。(※東西線浦安駅は2025年度までに設置予定)。
  • 警察と協力し振り込め詐欺等について、啓発を行います。また自動応答録音装置機能がある詐欺対策電話機の活用促進を支援します。
  • 犯罪抑止効果、犯罪解決の早期実現のため、自治会等団体への防犯カメラの整備補助金制度を創設します。まずは、自治会等団体毎の利用ニーズの調査や記録の維持管理についてルール策定を行い、なるべく多くの団体に利用してもらえるよう務めます。

環境

環境と共生する暮らしづくりを推進します。

  • ごみ処理施設の長寿命化について計画を策定し、最適な維持管理施策をすすめます。
  • 浦安インターチェンジの環境美化の継続。また現在ボランティアが行っている活動内容について顕彰の意味を含め広く市民に広報することを要望します。
  • 市内河川の水質を関係機関と協力し改善します。
  • 境川の水辺の開放について推進します。
  • ペットとの共生社会に向けて、超党派で設立された議員連盟において引き続き、議論を継続し、関係条例を制定できるよう務めます。
  • 生活環境を守るため、動物との共生を図ります。猫の糞尿・ハクビシン対策を引き続き行います。鳥獣害対策等、広域的に対応すべき点は関係機関と連携しながら対策を行います。

産業振興、起業・就労支援

将来戦略立案、中小企業振興、社会的ニーズの高い就労支援政策を促進します。

  • 市内で増加するホテルや民泊といった宿泊施設と住民の住環境について課題点を整理。
    同時に、観光客(インバウンドを含む)について、一人当たりの観光関連支出をさらに高めるための施策を調査検討します。
  • 市内での創業支援を応援する環境整備を行うと共に、事業者の事業の安定・拡大のための支援策を講じます。
  • 高齢者や専業主婦の再就職支援や、潜在保育士、潜在介護士といった潜在資格を持っている市民の発掘・活用を図れるよう仕組みを整えます。
  • 障がい者が住み慣れた浦安で就労できる場について調査検討を行います。

まちづくり

住みやすく、災害にも強いまちづくりを推進します。

  • 主要3駅である浦安・新浦安・舞浜駅周辺の整備を推進し、市民・来訪者の利便性を高めます。
    ① 浦安駅周辺事業整備について、まずは、交差点の改良や歩行空間の整備を行います。また駅前再開発についても事業手法等再検討を要望します。
    ② 新浦安駅北口周辺再整備について、若潮通りの混雑緩和のため、バス専用の停車スペース設置に取り組みます。
    ③ 舞浜駅周辺再整備について、近隣住民の声をしっかり反映させ基本構想を策定する様、強く訴えます。
  • 堀江、猫実、当代島各地区の密集市街地の防災まちづくりを推進します。その際、住民が暮らし続けながらまちづくりを行うことを大切に考えます。
  • 市内で老朽化している公共施設の改修や橋梁の長寿命化・耐震補強を実施します。
  • 無電柱化事業について
    まずは優先度の高い、災害時の緊急車両が通行や物資運搬で用いる緊急輸送路の無電柱化に取り組みます。その他、景観に配慮し電線のない、電線の目立たない街をいかに構築するか調査検討いたします。
  • 開発行為や建築行為が地域のまちづくりと調和しているか、住民や専門家が事業計画に意見を述べ、協議に参加できる仕組みを目指します。
  • 市内バス路線網を住民の利用ニーズに沿った路線へと強化・充実します。

行財政改革・ICT

時間とコストにこだわる行財政改革の推進、グローバル化に対応する市役所へ。

  • 行政改革にICTを駆使します。市役所の労働生産性を高めるためにIoTやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)・AIを活用し、積極的に省人化・合理化を図ります。
  • 公営企業会計を推進します。また公営企業会計導入が予定されている下水道事業については、経営の安定性がたしかなものかしっかりと調査をいたします。
  • EBPM(エビデンス・ベースド・ポリシー・メイキング 証拠に基づく政策立案)を推進します。場当たり的な取り組みをせず、データに基づき有効性の高い政策を打ち出し、住民サービスの向上を図ります。
  • アウトソーシングやPFI、官民連携協定など、民間活力を積極的に活用し、住民サービスの向上とコンパクトな行政の両立を図ります。
  • 官民データ活用推進基本計画を浦安市でも策定します。市政運営におけるICTの役割と方向性を明確化し、市としての情報戦略の理念や進め方を確立します。
  • 持続可能な開発目標(SDGs)について、本市で実現可能な点については自治体政策に位置づけることを検討します。
  • 増加する外国籍住民の諸課題(日本語学習、社会保障、税滞納処理等)について、課題点を整理します。

その他

  • 日本国憲法で規定された参政権と共に、住民投票権についても日本人固有の権利であるとの立場をとります。

その他、突発的に発生する事案等には即時柔軟に対応いたします。

 

新着日記

「やなぎ日記」の一覧

新着活動報告

「議会報告」一覧

浦安レポート

「浦安レポート」一覧

公式Facebook

連絡先

279-0013
浦安市日の出1-3 海風の街3-1203
050-3630-8791

お問い合わせはこちら